トロ(ねこ)


2011年5月生まれの雄。元野良猫。
同年12月から家猫。
好きなもの:金の刺繍糸、トンボのおもちゃ、キラキラボール、お刺身

ボロ(ニンゲン)


別名:お姉ちゃん。
実際はおばさん。世帯主。
扶養家族はねこ一匹と亀二匹。
好きなもの:ビール、休日

\LINEスタンプ/


\nya----!!!!!/



にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ


profile

links

mobile

qrcode

トロに会いに来る


うちのベランダにはたまにお姫様があそびにくる。



ちょっとびっくりするくらいの美猫。
先日も雨の中やってきた。
真夜中から早朝にかけてのお散歩コース
気が向くとうちを組み込んでくれるらしい。

彼女が来るとトロは興奮して大鳴き。
ベランダに面する二箇所の窓を行ったり来たり、
どうにか接触を試みようと必死。

彼女は黙ったままトロを見つめ、しばらくするとスッと消えてしまう。

好きで会いにくるのか、ケンカふっかけにきてるのか、どっちだろう。
美猫同士が見つめあうのは大変麗しく、
でも直に会わせられなくてせつない。

詳しいことは知らないけれど、
もとは飼い猫だったのが野良になって
いまは別の家で半分飼い猫みたいにして暮らしていると聞いた。

わたしはわりと猫ばばあなので、
世の中のねこみんなしあわせがいいと思ってる。
だけどしあわせは定義できないから
いっぱい考えていっぱい悩んで、でもよくわかんない。

野良猫だったトロを拉致して完全家猫にしたことが正しいとは思わないし、
トロにとってどっちがしあわせかなんてぜんぜんわかんない。
保護してえらいねと言われてもわたしのは保護じゃなくて単なる自分勝手だ。

ねこのきもち、ぜーんぜんわかんない。
トロとこんなに一緒にいるのに一度も話したことないしなー。
そして話せるからわかりあえるとは限らないのだ。それはそうなのだ。
いつもたのしそうとかうれしそうとかいやそうとか勝手に決めつけてるけど。
べったり一緒にいるトロのことだってそうなんだから、
彼女がなんで来てくれるかなんて検討もつかないや。

・・・生き物と暮らすのに向いていない思い悩みっぷり
(すっごく、暗い性格)

でも彼女が来てくれると、私はとっても嬉しい。
そしてトロもそうだといいと思うし、もちろん、彼女も。

うちのベランダはピカピカに磨いてある


\\nya---//


\\nyanya---//
にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック